発毛、AGAが注目される理由について

脱毛が多くなったり、薄毛に悩まされる人は多いです。

これまでは、ドラッグストアで育毛剤や育毛シャンプーを購入して使用したり、ブラシでたたいて刺激を与えて発毛を促すなどの方法で対処するしかありませんでしたが、最近では病院において発毛治療を受けられるようになりました。

AGAというホルモンの影響で脱毛が進行してしまうのを止める治療を行います。

発毛治療法としては薬を服用したり、外用薬を塗布したり、施術をする方法などがあります。


まず薬についてはプロペシアという厚生労働省が認可した飲み薬があり、脱毛を促進させてしまうホルモンが体内で作られないようにします。

次に塗布薬ですがフロジンという緑色の薬液を頭皮に塗り、マッサージをします。

そうすると血行が促進され、毛根が刺激されて発毛が促されるようになります。
また、ミノキシジルという薬剤もあり、こちらは血管を拡張して血行を良くするもので、ドラッグストアでも入手することができます。そして病院ならではということで外科的な施術をする方法もあります。前述のフロジンやミノキシジルを塗布するだけでは頭皮全体に行き渡らないので、メソセラピーといって、注射に薬液を入れ頭皮に直接注射をする方法があります。

塗布する場合は相当量の薬液が必要となりますが、注射をするのであれば少量で済み、副作用などの心配も軽減されます。

HARG療法は発毛因子となる物質を毛根に直接投与して発毛するためのスイッチの働きをさせます。

このようにして、発毛をさせていくのですが、どの治療法を選択したとしても、その後のケアが重要になります。
頭皮を不衛生にしていたり、不健全な生活スタイルをしていては、再び脱毛が進行してしまう可能性があります。

そのため、頭皮に優しいノンシリコンのシャンプーを用いたり、睡眠不足にならないように生活スタイルを見直したり、食生活を改善したりして発毛に効果のある食材を多めに摂取するようにします。